【8月のすしおん表参道は…】
 
 今ではやっているところの方が少なくなった「昔ながら」の手仕事をふんだんに施した
 クラシックな江戸前鮨を鮨歴40年の職人が再現します。
 さらにすしおんのテーマでもある【寿司×〇〇】という新たな組み合わせにも挑戦。
 
 表参道店では江戸前寿司の職人とフレンチの職人がいるからこその
 風変わりな寿司の創作に力を入れています。
 
 例えばフレンチの1皿である「ロッシーニ」を
 穴子を使い寿司として表現したり、
 「コンフィ」という調理法をトキシラズに応用したり。
 食材だけではなく、調理法や魅せ方も含めてフレンチと寿司の融合を図っていきます。
 
 写真は江戸前の仕事である
 海老におぼろを合わせた1貫。
 口の中で海老のプリプリの食感におぼろのホロホロとした食感が混ざり合い
 1周回って新しい感覚を与えてくれています。
 
 
 8月のすしおんの情報もどんどん発信していきますのでぜひお楽しみに!!!
 緊急事態宣言によりお酒のご提供はできませんが
 7種類以上の「お茶」にこだわりながら皆様に楽しんでいただける飲食のお時間を提供します!
 
 すしおん表参道 佐藤浩平

約2ヶ月前